\コロナ期間中はおうちで過ごそう

【初心者向け】ブログ記事の公開前に確認すべきチェックポイント

ブログの記事を公開する前にチェックしておきたいポイントについて解説します。

公開前の最終チェックで思わぬミスに気づけることも多いので、ぜひタスクの一つとして取り入れてみましょう。

ブログ記事の公開前にチェックすべきこと

ブログ記事の公開前にチェックしておきたい5つのポイントを紹介します。

最初から全部読んでみる

分析

書き終えた記事は、上から下まで全部読みましょう。書き終えたときは完璧だと思っていても、通して読んでみると数多くのミスを発見できます。

見直すときにチェックすべきポイント

  • 誤字脱字のチェック
  • 文章がきちんとつながっているか
  • おかしな日本語の表現はないか
  • 画像はきちんと入っているか
  • 装飾が崩れていないか

見出しごとに文字を書いていると、段落をつなげたときに思いもよらぬミスをしているもの。誤字脱字や漢字の変換ミス、変な改行、文章のねじれ…など、たくさんのミスを発見できるでしょう。

ちなみにチェックは、パソコンとスマホの両方で行います。

スマホチェック

編集・公開作業はパソコンでやることが多いので抜けがちですが、スマホの画面も必ず確認してください。パソコンでは大丈夫でも、スマホで確認したら上手く表示されていないというパターンは割と多いです。

パソコン画面だけでも、スマホ表示を確認する方法があります。

一番簡単で楽なのは、「Google chrome(グーグルクローム)」の画面で、キーボードの「F12」ボタンを押す方法です。

参考 スマホ表示の確認はGoogle Chromeを使うと便利! – @dream-Progre公式ブログ@dream+PLUS|@dream公式ブログ 

現状のWordPressテーマはほぼレスポンシブ対応なので、普通にウィンドウ幅を狭めるだけでも疑似スマホ表示が可能になります。

デンジ

よく分からないという人は、「公開後にスマホで確認」⇛「ミスがあったら修正」でも大丈夫です。

タイトル・見出し・内容のつながりを確認

新聞

表面的部分だけではなく、記事の内部構造についてもチェックします。記事の中身が論理的で分かりやすい構造になっていれば、ユーザーがじっくりと文章を読んでくれる可能性が上がります。

「タイトル」「見出し」「内容」は、それぞれが階層構造になっていなければなりません。

以下のポイントは特に気を付けて見ておきましょう。

  • タイトルの内容にあった見出しが用意されているか
  • 見出しの文言と中身の内容にズレは生じていないか

デンジ

タイトルで「文章書き方完全版」などと謳っておいて、実際は画像関連の内容が多い…などが一例です。俗に言う「タイトル詐欺」にならないように注意しましょう。

メタディスクリプションの設定

タブレットを設定

メタディスクリプションとは、Googleの検索結果に表示される紹介文のことです。

ツイッターをはじめとしたSNSでシェアしたときの説明文にもなります。

設定しないと記事の導入文か勝手に抜粋されてしまうため、面倒ですが一記事ずつ設定していきましょう。

プラグインを導入しよう

メタディスクリプションは、SEO関連のプラグインを導入することで簡単に設定できます。有名どころで使いやすいのは「All in One SEO Pack」です。

参考 All in One SEO Pack の設定方法と使い方バズ部

また、一部テーマには、最初から導入されているものもあります。

デンジ

「SANGO」には最初からメタディスクリプションを記入できる場所があるので、プラグインは不要です。

画像の代替テキストを確認

テキスト

画像の代替テキストを入力しているのかを確認しましょう。外に見えない部分なので忘れてしまう人が多いですが、とても大切な作業です。

代替テキストとは、Googleやユーザーに対して「この画像はこんな意味ですよ」と伝えるためのテキスト情報です。

管理画面左にあるメニューの「メディア」⇛「写真を選択」⇛「代替テキスト」の項目から入力できます。

デンジ

Googleは画像の内容を正確に判断できない可能性があるため、こちらで細かく指定してあげる必要があるわけです。

詳しくはこちらをどうぞ

【初心者向け】ブログに画像を入れるメリットを分かりやすく解説

パーマリンクを確認

ウェブサイト

パーマリンクの設定を「投稿名」や「カスタム構造」にしている人は要注意。

記事を下書き状態にするとタイトルがそのままパーマリンクになるので、公開する前に自分で設定し直す必要があります。

こんな感じ

パーマリンク

上記のような日本語URLは、ツイッターなどのSNSでシェアされたときに文字化けするのであまりおすすめしません。

単語レベルで大丈夫なので、きちんと記事の内容が分かるパーマリンクを設定しましょう。

パーマリンクは早めにチェックしよう

パーマリンクを公開後に変更するのは、ある程度のリスクが伴います。(Googleの評価がリセットされる、シェアされたURLからアクセスできなくなる…など)早めに気づいたら公開後でも大丈夫なので、迅速に修正しておきましょう。

ブログ記事の公開後にやることリスト

ブログの記事は「公開したら終わり」ではありません。

スキマ時間で公開済みの記事を定期的にチェックしましょう。

パソコンとスマホで何回も見直す

女性と子どもと猫

公開した記事は日を置いて読み返してみましょう。移動時間や休憩中などにサラッと読む程度で構いません。当時は気が付けなかったミスや、新しいアイデアを発見できることが多いです。

ブログを書いていると日々スキルアップしていくので、再読したときに気になるポイントが徐々に増えていきます。

  • 「この表現は少し分かりにくいから直そう」
  • 「今ならもっと濃い内容を追記できるかも」
  • 「次はこういう言い回しを試そうかな」

…てな感じで、より良い記事に進化させつつ、自分自身も成長することができます。

デンジ

とはいえ毎日やっているときりがないので、「リライト集中期間」を決めて取り組むなどのルールを決めたほうが良いですね。

関連記事を作れないか考えてみる

三つの記事

記事を読みながら、関連した内容の記事を作れないかどうかを考えてみましょう。すでにある記事に内部リンクを貼るのでもOKです。

関連記事はとても大切な要素です。

記事同士をつなげて横展開していくと、そのカテゴリーのコンテンツがどんどん充実していきます。

悩みの深い検索ユーザーは似たような内容の記事を読む可能性が高く、結果としてPV数や滞在率の向上につながるのです。

デンジ

一人のユーザーとして、客観的な目線でブログを読むことが大切になるわけですね。

なかなか記事を公開できないときの対処法

ITお兄さん

「記事のチェックは全部したけど、ちゃんと書けているか不安…公開したくないな」

という気持ちは、ブロガーが少なからず抱いているハズ。

自信を無くしてしまったときに、役立つ心構えについても解説します。

気にせずに公開ボタンを押す

公開ボタンを押す

最良の方法は、気にしないことです。現在の実力でできることを出し切ったのであれば、勇気と自信を持って公開ボタンを押しましょう。

完璧主義は挫折の原因の一つ。

継続するためには、とにかく数を重ねることが重要です。

「全然上手く書けない…」

という気持ちは、実は誰でも感じている普通の現象です。

何度も繰り返し公開すればそのうち慣れるので、「まずは出してみる」という意識を大切にしましょう。

あとで直すことを前提にする

「気になるところは、あとで直せば大丈夫!」

という、楽観的な気持ちを大切にしましょう。

最初から完璧な文章は書けないので、どっちみちあとで直すことになります。

直す前提でブログを書いてみると、重い気持ちが一気に解消されるかもしれません。

デンジ

だからといって雑な記事を量産するのはNG。あくまでも現時点でのベストを尽くすのがコツです。

高みを目指す

気が済むまで繰り返し直して、日々アップグレードできるのがブログの良さ。加筆・修正のハードルがとても低いのです。直しやすさは気持ちの安定・継続のしやすさにつながります。

  • ………印刷したものは基本的に直せない
  • 動画……一度アップロードすると再編集が大変
  • ブログ…手軽に何度でも加筆・修正できる

ブログ記事の公開前にやることまとめ

お茶

今回はブログ公開前・公開後にやるべきことをおさらいしました。

ブログの公開前にチェックすべきことは、以下の項目になります。

  1. 最初から最後まで一通り読んで内容を確認
  2. タイトル・見出し・内容のつながりを確認
  3. メタディスクリプションを設定
  4. 画像の代替テキストを設定
  5. パーマリンクの確認と設定

デンジ

公開前チェックと公開後の定期メンテナンスは、ブロガーにとっての必須項目です。記事の質を高められるように日々努力しましょう。