\コロナ期間中はおうちで過ごそう

【初心者向け】ブログに画像を入れるメリットを分かりやすく解説

今回はブログに使う画像の扱い方について解説します。

ワードプレスでブログを始めた人が、最低限覚えておきたい基本知識をまとめました。

デンジ

「記事に画像入れてみたいけど、やり方がよく分からん…」って感じの人は、お試しで読んでみてください!

ブログに画像を入れるメリットを解説

まずは初歩的な内容から解説します。

ブログの記事に画像を入れた方がいいのかな?

という疑問については、“適度に入れたほうが見やすい”が結論です。

記事に画像を入れるメリットを三つ説明しますね。

文章が読みやすくなる

視力検査

文字だけが延々と続くブログは、ユーザーに読みにくい印象を与えてしまいます。

タイミング良く画像を入れてあげると、劇的に文章が読みやすくなるのです。

文章

こちらは公開済みの記事から画像だけを抜いてみた様子。やっぱり文字だけだとちょっと寂しい印象です。ユーザーが文字を読むことに飽きるタイミングで画像を入れてあげるとGOODです!

デンジ

スマホだとより画面のサイズが小さくなるので、文字の占める割合が多くなります。

記事がキレイに見える

子どもの笑顔

キレイな写真・イラストをたくさん使えば、記事の印象がガラリと変わります。文字だけのブログはなんとなく簡素な印象を受けてしまうもの。適切に画像を入れてブログをおしゃれに見せましょう。

上記の写真は無料の画像サイトからダウンロードしたもの。

ちょっと画像をプラスするだけでおしゃれ度がググっと上がりますよね。

無料といってもクオリティーは高品質。検索の仕方次第でカッコいい写真からネタ系のイラストまで、たくさんのおしゃれ画像を見つけることができます。

デンジ

今の時代、誰でも・簡単に・おしゃれな画像を探せる時代なのです。

図解で簡単に説明できる

グラフを解説する男

文字だけで分かりやすく情報を伝えるには限界があります。難しいことを説明するときは、図解イラスト・解説写真などを活用しましょう。少ない負担で理解できるコンテンツは、ユーザーから評価されやすくなります。

内容が難しくなればなるほど、ユーザーは文字をじっくりと読みこんで理解する作業が必要になります。

これが結構苦痛なのです…。

「このブログの内容は結構難しそうだな…ほかのサイトも見てみよっと!」

となると、せっかく記事を見に来てくれた人を逃すことになります。

いくら有益な情報が書いてあっても、読まれなければ意味がありません。

分かりやすさを追求したコンテンツを作るためにも、図解テクニックは身に付けておいたほうがいいでしょう。

デンジ

「図解の方が伝わりやすいかな?」と感じたら、簡単なものを作ってみるのもおすすめです。ただし力を入れすぎるとブログを書く時間がなくなるので、どこまでやるかの線引きは明確にしましょう。

ブログに使う画像を入手する方法

次はブログに使う画像を入手する方法について解説します。

今回は四つのパターンに分けてみました。

フリー素材サイトで入手する

フリー素材

初心者に一番おすすめしたいのが、商用OK・無料のフリー素材サイトから画像をダウンロードする方法です。

使用許諾さえ守れば、おしゃれな画像・イラストをたくさん使うことができます。

以下のサイトは初心者におすすめできるフリー素材サイトです。

  • Unsplash…海外のフリー画像サイト。綺麗な写真が多く種類も豊富。
  • Pixabay…おしゃれな画像が多くて使いやすい。日本語検索も可能。
  • 写真AC…日本の素材が多め。関連サイトも一つのアカウントで使用可。
  • いらすとや…柔らか雰囲気のイラスト素材が多いサイト。
使用許諾は必ず確認・厳守しよう

商用OKのフリー素材だからといって、なんでもやっていいわけではありません。ダウンロードするときは必ず使用許諾を確認し、適正な範囲内で使用してください。

自分で撮影した写真を使う

本と眼鏡と文房具

自分で撮影した写真をブログの記事に使うのも良いでしょう。旅行の体験記・商品レビュー・グルメレポートなどは、自分で撮影した写真を使ったほうが雰囲気が伝わりやすいです。

デンジ

適当にフリー素材を選んで情報の薄いまとめ記事を作るよりも、実際に見て・感じて・体験したコンテンツのほうがユーザーから評価されやすくなります。

ブログに使う写真なら、スマホのカメラでも十分綺麗な写真を撮ることができます。

気になる出来事があったら、積極的に写真を撮影してみましょう。

位置情報は消しておくのが鉄則

スマホの種類にもよりますが、初期設定だと写真に位置情報を記録する設定になっている場合があります。データで撮影位置を特定できてしまうため、必ず位置情報は消しておきましょう。

位置情報サービス

iPhoneの場合、「設定」⇒「プライバシー」⇒「位置情報サービス」から、各アプリの位置情報サービスのON・OFFを選べます。カメラはもちろん、撮影系アプリのほとんどは位置情報をOFFにしておきましょう。

自分で画像を作る

簡単な図やイラストなら、自分で作成してしまうのも一つの手。

無料で使えるおすすめの画像作成ツールは「Canva(キャンバ)」です。

アカウントを作成すれば、Webブラウザだけで簡単にデザインできます。一部機能のみ有料ですが、無料でも十分ハイセンスな画像を作れるでしょう。

多彩なテンプレートが用意されているので、デザインに自信がない人でも安心して活用できます。

Canvaの画像作成画面

画像に文字をのせたり、撮影した写真に注釈をつけたり、イラスト同士を組み合わせてアイキャッチを作ったり…アイデア次第でどんな画像でも作れてしまいます。

デンジ

無料で使える機能が非常に多く、操作も簡単。初心者ブロガーさんに人気の画像作成ツールです!

Canvaの詳細を見てみる

クリエイターさんに作ってもらう

大掛かりな図解イラストや四コマ漫画などを作りたい場合は、プロのクリエイターさんに画像作成を依頼するのもありです。

お金がかかるので多用はできませんが、ここぞというときに使ってみるのもおすすめです。

デンジ

個人でクリエイターさんを探すのは大変なので、手軽に取引したい人はココナラを利用するのがおすすめ。安いものだと500円台から依頼することが可能です。

画像を入れるときに注意すべきこと

実際に画像を入れるときに注意するべきことをまとめました。

画像は必ず圧縮しよう

画像選定

画像は元データのままだと重いので必ず圧縮しましょう。

画像サイズが重いとページの表示速度が低下し、ユーザーが離脱しやすくなります。

SEO的にマイナスになる理由

  1. ページの読み込みが遅い
  2. ユーザーがイライラして離脱
  3. 離脱率が多いページはGoogleが順位を下げる
画像圧縮とは?

簡単に説明すると、画像内にある不要なデータを取り除いてスッキリさせること。軽くしたぶんだけ解像度も粗くなるので、適切なサイズに圧縮するのがコツです。

ちなみに画像圧縮におすすめのサイトは、JPEG形式なら「Bulk Resize Photos」、PNG形式なら「PNG圧縮」がおすすめです。

デンジ

ポスターなどの印刷物ならまだしも、ブログの画像でそこまで解像度が高いものは必要ありません。

代替テキストを入力する

タイプライター

「代替(だいたい)テキスト」とは、Googleのクローラー(サイトの情報を収集してるロボット)に、画像の情報を理解してもらうためのテキストのこと。万が一画像が表示されなかったときの代わりとしても表示されます。

デンジ

「代替テキストをきちんと設定しているか」は、Googleがサイトを評価する基準の一つ。SEO効果が期待できる部分なので、面倒くさくても一つひとつ設定しておきましょう。

代替テキストが表示されるパターンは主に二つあります。

  1. 何らかの原因で画像が表示されなかったとき
  2. 音声読み上げソフトを使ったとき

ネット回線の不具合などでページ情報を読み込めなかったときに、画像が設定されていた部分は空白になってしまいます。

代替テキストがあれば、どんな内容の画像があったか把握しやすくなるというわけです。

代替テキスト設定画面の解説

メディア画面からアップロードした画像を選択するとこんな画面が出てきます。印のところに代替テキストを入れましょう。写真の状況をシンプルに説明すればOKです。

画像を上手に使ってブログを彩ろう

今回は画像について最低限覚えておいたほうがいい知識を紹介しました。

初歩の内容のみをまとめたので、徐々に応用編の内容も追加していくのでお楽しみに!

デンジ

画像の著作権違反については大ボリュームになってしまいそうなので、別の記事で詳しく解説します。