\コロナ期間中はおうちで過ごそう

ブログでアウトプットを学ぼう|情報発信力を磨くメリットとコツを解説

ブログを運営するメリットの一つが、「アウトプットの練習になる」という点です。

自分のブログを軸に興味のあるテーマについてアウトプットすることで、多くの学びと体験を得ることができます。

今回はブログを使ってアウトプットをするべき理由や、アウトプットを進めていくコツについて詳しく解説します。

アウトプットの重要性とは

アウトプットする女性

インプットとは、情報を集めて頭の中にストックすること。アウトプットとは、ストックした情報・情報を再練成して外に出すことを指します。

  • インプット・・・・聞く・読む・見る・学ぶ…など
  • アウトプット・・・話す・書く・作る・教える…など

何かを学んで自分のスキルにしたいなら、インプットばかりしていてはダメ。

人間の脳はただ単に情報を記憶するのが苦手なので、インプットばかりを頑張ったところで、記憶として定着させたり、実生活で使ったりすることができません。

そこでおすすめなのが、常に「学び」「行動」をセットにしてしまう方法です。

白紙の紙を持っている女性

自分の中に取り込んだ情報・知識をすぐさま実践することによって、強烈な体験として脳と身体に刷り込ませていく。これが技術の習得においてとても大切な行動の一つになるのです。

知識はただ溜め込んでいるだけだと、そのうちに腐って使い物にならなくなります。定期的にアウトプットする習慣を作ってあげることで、本当に使える知識・スキルへと昇華させることができます。

デンジ

つまり、何かを覚えたり、使ったりしたいなら、学んだそばからどんどんアウトプットしていこう!…ってこと。アウトプットは人生の成長において必要不可欠なスキルなのです。

ブログはアウトプットに最適のツール

パソコンから本が出ていく様子

ではなぜブログが優れているかというと「集めた情報を記事にして発信する」という行動自体が、すでに良質なアウトプットになっているからです。

  • 「頭の中の情報を整理整頓する」
  • 「読み手を想定して分かりやすい構成を考える」
  • 「言いたいことが伝わる工夫を文章に盛り込む」
  • 「自分が書いた文章をネットの世界に放出する」

…などを一度にやる必要があるので、大量のアウトプット経験値を得ることができます。

普通の人からしたら、大変すぎて書くだけでも精一杯ですからね。

デンジ

「紙にメモする」とか「友達に喋る」などでもよいのですが、アウトプットの質としては少し弱め。記憶定着率を良くしたいなら、発信する情報の「量」と「質」を同時に高めるのが先決です。

ほかのアウトプットツールと比べてブログが優れているポイントは、以下のような項目になります。

ブログが優れているポイント

  • パソコンとネット環境があればできる
  • 文章力を鍛えながらアウトプットできる
  • 自分に合ったペースでブログを運営できる
  • 書いた記事がストックされて長く読まれる

デメリットとしては、「最初はあまり読まれない」「1記事完成までに必要な文字数・時間が多い」…などが挙げられます。

まぁこの最初は読まれないという特性も、コミュ障気味の人にはちょうどよいスタートラインかと思います。

自分に合ったツールを選ぼう

投稿サイクルの早い環境でアウトプットしたい人は、ツイッターをはじめとした各種SNSを選ぶのもおすすめ。フィードバックを早めにもらえたり、交流や議論をしやすかったりと、ブログにはない特性があります。自分の性格に合った発信ツールを選んでくださいね。

デンジ

読まれにくい環境で毎日コツコツ言葉を重ねて、それなりの文字量を仕上げていくブログ。情報発信ツールとしてはかなり職人気質なツールだと思っています。

ブログでアウトプットをする3つのメリット

ブログで地道にアウトプットを続けると、自然と成長していくスキルがいくつかあります。

この章では、特に大切だなと感じたメリットを3つに絞って解説していきます。

知識・スキルを習得できる

本とコーヒー

インプットした情報が定着するのはもちろん、アウトプットの過程で学んだ知識・スキルも一緒に会得することができます。

実はインプット単体で頑張るよりも、「どうやってアウトプットをしようかな」と考えているときのほうが、記憶定着においては効果が高いです。

インプットだけに注力して学んだ気になっている人よりも、情報をまとめて・考えて・試して・行動して…と連鎖的にステップを踏むほうが、成長率は格段に高くなります。

デンジ

また、アウトプットの過程で学べること・気付けることなども多くあるので、実際に行動した人にしか分からない貴重な体験を積むこともできるのです。

情報発信が上手くなる

自分の知識やスキル、考えを情報として世の中に発信していくのは、実生活ではあまり学ぶ機会の少ないレアな体験です。

常に読み手を意識して情報を再構築する作業が発生するため、自然と情報の組み立てが上手くなっていくもの。

分かりやすい情報を構築する能力は、どの業界でも活かせる最高の資産になります。

携帯とパソコン

情報発信力を鍛えれば、SNSをはじめとした情報発信ツールも使いこなせるようになるし、仕事やプライベートの場でも発信力を活かせるようになります。要はほかのジャンルにでもいくらでも応用できるスキルが多いってことです。

デンジ

さらに加えると、読んでくれる人が順調に増えていけば、ネット集客のスキルも同時に身についていることになります。

アウトプットサイクルを作れる

ブログでアウトプットを続けていくと、いつの間にか情報発信をすることが生活の一部になっていきます。

最新の情報を追い求め、常に自分をアップデートしていく「良質なアウトプットサイクル」を作ることができるのです。

アウトプットサイクル

アウトプットのサイクルが勝手に回り出せば、特に意識しなくても勝手に成長していくもの。ブログを「知識と実践の保管庫」にすることで、ブログを中心に人生のさまざまな課題を解決できるサイクルをガン回しできます。

  • 学んだ情報から類似テーマに発展させる
  • 実践の過程で感じたことをさらに深堀する
  • 読者の声から新しい知見を発見する

…などなど、成長の可能性は無限に広がっています。

アウトプットをすればするほど、新しい価値観に触れていくことができます。

デンジ

ブログ運営における例を挙げると「類似テーマで関連記事を増やしていく」などでしょうか。関連情報が増えればユーザーも満足するし、自分の知識の幅も広がっていくし…といいこと尽くめですよね!

ブログのアウトプットを加速する2つのコツ

ここから先は、実際にブログを使ってアウトプットするときのコツについて語ります。

初心者はこれから紹介する2つのポイントを覚えておけばOKです。

アウトプット重視で取り組む

携帯でアウトプット

アウトプットの時間をなるべく多く確保できるようにしましょう。

よく言われていますが、インプットとアウトプットの割合は「3:7」くらいでちょうど良いです。

良質なインプットももちろん大切ですが、成長するにはアウトプットの技術を高めるほうが何倍もお得です。

割合を常に意識して行動しよう

このへんの比率は厳密に管理する必要はなく、あくまで体感でOKです。ただ、「最近インプットばっかりだな…」と感じることが多くなったら、しばらくはアウトプットに徹するのがおすすめです。

特に最初の頃は気をつけておかないと、読書や調べ物などの学習系に時間を割いてしまい、作業から逃げてしまいがち。

常に手を動かして、自分の中の知識を形にすることを意識しましょう。

デンジ

それだけアウトプットが難しく、労力のかかる作業という証拠ですが、同時にそれを乗り越えれば多くの経験値が蓄積されるということでもあります。

自分の視点で世界を見る

虫眼鏡で見つける

アウトプットを円滑にするもう一つのコツは、アウトプット前提のインプットをすることです。

すなわち、情報発信者(キュレーター)としての意識と自覚を持って、世の中のあらゆる情報を見ようってことです。

  • これってブログのネタにならないかな?
  • 自分が扱うテーマで、困っていることや課題はないかな?
  • この情報をまとめたら、どんな人たちに役立つかな?

…このような問いかけを常に頭の中に持ちながら、世に溢れる情報を自分フィルターを通して見てみるのです。

この考え方が根付いてくると、ブログのネタに困ることがほぼなくなります。

日常の何気ない一コマであっても、視点を変えるだけで見える世界が違ってくる。

常に情報発信のアンテナを貼りまくって、独自の視点で情報を発信できるように訓練しておきましょう。

デンジ

人間は意識の生き物なので、ちょっと視点を変えて街を歩くだけでも拾える情報は驚くほど変化します。ボーッとしていたら見逃してしまうようなアイデアでも、素早くキャッチできるようになります。

ブログでアウトプット技術を磨こう

山の頂上を目指す

今回は「ブログでアウトプットスキルを磨こう」というテーマで記事を書きました。

アウトプットには、人生における成長のエッセンスがたくさん詰まっています。

常に成長サイクルのど真ん中にいられるような環境を作っておきましょう。

デンジ

最初はキツいですが、挑戦していれば徐々に慣れていきます。まずは小さなアウトプットからでも良いので、なんからの情報を形にしていきましょう。