\コロナ期間中はおうちで過ごそう

ブログ記事の質を高めるには?簡単に実践できる7つのテクニック

ブログの情報収集をしている人がよく聞く言葉の一つが「記事の質を上げよう」です。

質の高い記事を書けば、「みんなに読まれる」「検索結果に上位表示される」「稼げる」…だからみんな質を追求すべきなんだ!

という文章を結構見てきたと思います。

でもブログを始めたばかりの人だと、「記事の質」と言われても、よくわからないですよね…?

質についてよく理解しないままガムシャラに記事を量産しても、ただ書くのが遅くなるだけで全く意味がありません。

そこで今回は、ライティングにおける質の定義を、初心者ブロガーさんでもバッチリわかるように解説します。

SEOとかよくわからないけど…とりあえず質について学びたい!

という人は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

この記事を読むと分かること
  • 記事の質とは一体なんのことなのか
  • なぜ記事の質が高いと上位表示されるのか
  • 具体的にどんな記事を書けば質が上がるのか

デンジ

混乱を避けるために難しい話は一旦省きます。マニアックな話は関連記事で解説します。

ブログ記事の質とは?

SEOの説明図

まずは「記事の質とはなんなのか?」についてざっくりと定義しておきます。

この記事の中で定義する質とは…

「検索ユーザーが抱える疑問・悩みを解決する有益なコンテンツ」

のことです。

デンジ

「悩み」と聞くと深刻な問題をイメージする人もいますが、そうではなく「知りたい」「見たい」「チャレンジしたい」などのポジティブな欲求も含まれます。

すなわち、検索ユーザーの悩みを解決する記事は「質が高い」となり、検索ユーザーの悩みを解決できない記事は「質が低い」となります。

検索結果でユーザーの悩みが分かる

探し物をしているロボット

どんな記事が高く評価されるのかについて知りたければ、実際にGoogle検索でキーワードを打ち込んでみるのがおすすめ。検索結果の1ページ目の上から順番に、ユーザーの悩みを最も解決できる記事が並んでいると考えればOKです。

もちろんこの順位は適当に決められているのではなく、Googleが数百もの検索アルゴリズムを使って割り出した結果が反映されています。

具体的にどう判断しているのかは公開されていませんが、精度は日々高くなっています。

デンジ

検索した時点での順位なので、時間経過・ライバル出現・アップデートなどで順位は細かく変動します。

ユーザーが求めるものを知りたいなら…

「検索結果の上位10記事を調査・分析しよう」

という話をよく聞くと思いますが、まさしくこれが正攻法です。

検索結果で上位表示することを考えた場合、Googleが現時点で吐き出している結果・順位が正解になります。記事の内容を細かく分析すれば、自然とユーザーが抱えている悩みや、求めている情報を知ることができるのです。

つまり、検索上位に位置する10記事は、Googleに有益さを認められた精鋭部隊ということになります。

精鋭部隊

検索上位を独占するライバルを倒すのが目標。戦場は無数に存在する。

すなわち選んだキーワードがあなたが戦う戦場であり、上位10記事は倒すべきライバルという風になります。

「じゃあライバルの情報を適度にパクって記事を書けば、上位表示されやすくなるのか…」

と思う人がいるかもしれませんが…この考えには落とし穴があります。

ライバルを真似しても勝てない理由

上位表示されている記事を、ただ真似するだけでは勝てません。

Googleは先に公開された記事を高く評価する傾向があるため、後発で同じことをする場合はどうしても不利になってしまいます。

デンジ

簡単に説明すると、Googleから「うん、君パクってるよね…」って感じの評価をされてしまうのです。

文章を丸々コピーするパクリ行為はもちろんダメですし、内容を適当にリライトするだけでは重複コンテンツと見なされる可能性があります。

情報量を増やすことで、一時的に上位記事に食い込める可能性あります。ただし後続も同じことができてしまうので、自分が追われる立場になったときに簡単にひっくり返されてしまうかもしれません。

真似するだけではダメだし、誰でもできることだと消耗戦になってしまう…ではどうすれば良いのか?

上位表示されている記事の情報量に加えて、あなただからこそ生み出せる付加価値を付けてあげれば良いのです。

デンジ

自分だけが提供できる経験・スキル・情報を上手く記事内に盛り込めれば、内容の濃いオリジナルコンテンツが出来上がります。独自性の高いコンテンツなら、Google・ユーザー双方から高く評価されます。

この付加価値をいかにして出すかが、質を高めるキーポイントになります。

独自性の高いコンテンツで勝負しよう

「急に付加価値って言われても、いたって普通の人間なのでそんなものありません…」

と弱気になってしまう人もいるでしょう。

しかし、初心者でも戦う場所を選べば勝機は十分にあります。

理由の一つは、Googleが検索結果に多様性を求めている点にあります。

検索窓を押し込む男性

試しに色々なキーワードで検索すると分かりますが、トップページに同じような記事ばかりが並んでいるということは少ないはず。これはGoogleが意図的にやっている(とされている)ことで、切り口の異なる記事を多く見せることによって、ユーザーが情報を取捨選択しやすくしているのです。

参考 「QDD」とは?検索結果の多様性を意識したグーグルアルゴリズム | PINTO!PINTO!

つまり、ライバル記事にどこか一つの要素でも勝っていれば、検索1ページ目にランクインできる可能性は十分にあるということです。

デンジ

すべての要素で勝とうとしなくても大丈夫。自分の強みを活かして記事を書いていれば、上位に食い込める可能性はあるということです。

すでに内容が盛りだくさんなので、一旦まとめます。

記事の質を上げる方法まとめ
  • 記事の質とは、検索キーワードに対するユーザー満足度のこと
  • 評価されている記事は、実際にキーワードを検索すれば分かる
  • ライバル記事をただ真似するだけでは勝てない
  • 付加価値を付けて差別化すれば、ライバル記事と対等に戦える

デンジ

上位表示されている記事に負けない情報量に、あなたの強みを活かしたコンテンツをプラスする…というイメージです。

ブログ記事の質を高める7つのパターン

次は「どうやって記事の質を高めるのか」というポイントを解説します。

上位10記事に入り込むためには、ライバルたちの記事にどこか一つのポイント(※もしくは全部)で内容を差別化する必要があります。

今回は分かりやすくするために、7つのパターンにまとめて紹介します。

デンジ

できればすべての要素を気にしつつ記事を作るのが理想ですが、最初は自分が取り組みやすいものから取り入れるでOKです。

自身の体験をもとに記事を書く

自身の経験

実際に自分が体験したことを記事に落とし込むのが簡単な差別化の方法です。積極的に行動し、色々な経験を積んで、自分の言葉でオリジナルの情報を発信しましょう。どのジャンルにも言えることですが、自分が体験したことや学んだ知識をもとに記事を書かないと、オリジナリティーは生まれません。

「経験したこと」といっても、難しく考える必要はないです。

兼業ブロガーで特別な経験をしていなくても、これまでの人生を思い返せば、記事ネタはたくさん転がっています。

  • 自分が体験したこと……各種体験記・実践型コンテンツ
  • 過去に悩んでいたこと…お悩み解決・役立つ情報まとめ
  • 買ってよかったもの……商品レビュー・書評
  • 行ってよかった場所……旅行体験記

デンジ

記事を書くときに最も重視したいポイントです。「自分自身の体験・経験をネタに記事を書く」という視点を常に持っておきましょう。

自分の意見を必ず盛り込む

YESorNO

客観的な情報だけで記事を作るのではなく、きちんと自分の意見も入れましょう。「様々な意見があるけど…私はこう思います」と強く言い切るほうが、発信する情報に信頼性が生まれやすいのです。

個人ブログでは特に自分の意見が重要になります。

書き手の顔が見えないまとめサイトと差別化できる一番のポイントなので、伝えたい言葉をきちんとユーザーに届くように工夫して記事を書きましょう。

デンジ

情報を並べるだけの記事は誰にでもかけるので、その他大勢に埋もれてしまいます。

自分の意見を盛り込むときに気を付けたいのは、記事で扱う疑問に対する結論・答えも合わせて用意しておくことです。

「いろんな考え方がありますね~」といった、ふわっとした内容で話が終わると、ユーザーはモヤモヤした気持ちを抱えてしまうでしょう。

「良いものは、良い」「ダメなものはダメ」「自分はこう思う」…と、自分の考えや主張を入れていくことで、オリジナリティーのある記事に近づくのです。

得意・好き・知識を活かす

いいねボタンがたくさん押されている様子

「得意なこと」「好きなこと」「知識が豊富なこと」をテーマに記事を書きましょう。ライバルと差別化するには、当然ほかの人よりも優れている分野で戦うことが重要です。

好きなことをテーマにすると…

  • 楽しみながら続けられる
  • 夢中になって作業に没頭できる
  • 自主的に研究するのでどんどん得意になる
  • 好きな気持ちがユーザーに伝わりやすい

と良いことばかり。

逆に、「稼げそうだから…」などと安易な気持ちで興味のないテーマを選んではいけません。

デンジ

興味がないテーマを選ぶと、記事を書くことが苦痛になります。日々継続するためにも、熱意を持って本気で打ち込めるテーマを選びましょう。

圧倒的にリサーチする

ロボットがたくさん調査している様子

記事に盛り込む情報を濃くするには、その分野に関しての情報を調べ尽くすのがおすすめ。ただ情報量を増やすだけでなく、きちんと整理して分かりやすく解説するのがコツです。

例えばあなたが「ボールペンの比較記事」で上位表示を狙っていたとして、検索結果の上位にランクインする記事の一つが…

「MY手帳におすすめ!書き心地が良いボールペン5選」

だったとします。

この記事に情報量で勝ちたいと思ったとき、以下の施策が有効になります。

1:単純に情報量を多くする

ライバルが5選で終わっているなら、こちらは10~20選と紹介する商品を増やしていきましょう。増やせば良いというわけではありませんが、テーマによってはより多くの情報をユーザーが求めている場合があります。

 

2:細かい情報も網羅する

ライバルの記事が公式HPを読めば分かるような情報が並べられている場合はチャンス。こちらは細かいスペックや値段、使用者の口コミ、購入できるお店、書き心地の比較…など、情報により厚みを持たせます。

 

3:情報を整理整頓する

情報を増やすだけでは読みにくくなるので、重要な要素のみが残るように情報を整理しましょう。要らない情報を削ったり、おすすめ順で並び替えたり、種類や使用用途別で見出しを分けたり…見せ方を工夫するのもおすすめです。

 

4:関連記事を充実させる

ユーザーが求めている情報を先読みして、関連性のあるコンテンツも充実させましょう。悩みの深い検索ユーザーならば、類似情報にも興味を示してくれる可能性が上がります。

デンジ

上記はあくまでも一例です。ユーザーが必要な情報ならばどんどん増やしてコンテンツを充実させましょう。

誰よりも分かりやすく書く

コンセントを差し込むロボット

初心者でもすんなり理解できるような文章を書きましょう。経験や知識で劣っていても、「分かりやすさ」に特化すればライバル記事に勝てる確率は上がります。

ブログで何かを説明・紹介するときに、最初からその道のプロである必要はありません。

一つのジャンルに精通しているプロでも、分かりやすく説明できるかどうかは別問題。どんなに情報量が濃くても、読まれなければ意味がありません。

逆に言えば、日々ライティングスキルを磨いていくことで、初心者でも知識が豊富な人と対等に戦えるかもしれないのです。

デンジ

いつの時代、どの分野にも必ず初心者はいます。最初は初心者をターゲットに、ハウツー系の記事を書いて分かりやすい文章のコツを掴みましょう。
【今すぐ実践】見やすいブログを作るための基本テクニックを紹介

図解・イラスト・動画コンテンツ

動画コンテンツ

文章だけで表現・説明するには限界があります。より分かりやすく解説するためには、図解・イラスト・動画といったビジュアルコンテンツも増やしていきましょう。

難しく考える必要はありません。

自分で描いたイラストを挿絵にしたり、自分で撮影した写真に簡単な注釈や解説文を入れるだけでも立派なオリジナルコンテンツになります。

自作注釈画像

こちらは「Canva(キャンバ)」で作った注釈画像。こういった作業は少し手間がかかりますが、テキストよりも多くの情報を伝えることができます。

外注さんに作ってもらった画像

自分でうまくイラストを描けないときは外注を使うのもおすすめ。費用的に乱発はできませんが、ここぞというときは使うようにしています。

デンジ

個人的にイラスト作成や動画撮影のスキルがある人は強いと思います。文章だけの表現にとらわれず、より分かりやすくするにはどうすれば良いかを考え続けましょう。

常に最新の情報を追う

アプリをアップデートしている様子

記事の情報を頻繁にアップデートしているブログは信頼されやすいです。記事の情報が古くならないように、定期的に追記・修正を繰り返し、できる限り最新の情報を盛り込むのがベストです。

すでに書いた記事を手直しするのは労力がいりますが、古い情報のままだとユーザーが不利益を被る可能性があります。

小まめに更新されている記事はユーザーから見ても好印象ですし、細部まできちんと手入れされているブログは信頼されやすいのです。

情報の鮮度にも気を配ろう

記事を見にきたユーザーは、「この情報が本当に使えるのか」「このサイトは信頼できるのか」を気にしています。記事の最終更新日やツイッターのアクティブ度など、サイト全体の更新頻度も意外と見られているポイントです。

デンジ

自分がブログで扱うジャンルの情報を効率よく仕入れられるように、日頃からアンテナを張っておくのが良いでしょう。

ブログの質を高めつつ成長する方法

ブログ記事の質を高める方法が分かっても、具体的にどんな方針で頑張ればいいのか迷ってしまう初心者も多いはず。

この章では、ブログを継続するうえで意識しておきたいポイントを三つ紹介します。

とにかく数をこなす

夜中に作業をしている女性

最初はとにかく数をこなしましょう。「量が質を作る」とよく言われていますが、これは本当です。たくさん記事を書いて、成功と失敗を繰り返す。その過程で徐々に記事の精度が上がっていきます。

勘違いして欲しくないのは、雑な記事を量産することではないという事実です。

一般的に「量をこなす」と聞くと…

「質の低い記事をハイペースで更新すること」

といったイメージを持つ人が多いですが、決してそんなことはありません。

無理にペースを早めなくても、コツコツと継続すれば、量(経験)は自然と積み重なっていくものです。

デンジ

焦る必要はありません。腰を据えて、淡々と記事を書き、少しずつレベルアップしましょう。

継続するときの指標を言葉にすると…「今の自分が書ける最高の記事を、無理のないペースで更新し続ける」になります。

アウトプット重視で勉強する

パソコンと本

ライティングスキルを上げるためには、(インプット:勉強)⇒(アウトプット:実践)のサイクルを回すことが大切。どちらかに偏りすぎると成長が止まってしまうので、バランスよく学習しましょう。

知識はアウトプットすることで初めて自分の力になります。

「学んだ知識は必ずブログに活かそう」

という強い気持ちで学習すれば、アウトプットにつなげやすくなります。

デンジ

学んだだけで満足するのは絶対にダメ。初心者は特に完璧主義になりがちなので、最初はインプット30:アウトプット70くらいの比率で勉強するのがコツです。

初心者はまず「文章の書き方」と「SEOの基本知識」の二つを重点的に学びましょう。

ワードプレスの使い方は、実際に触りながら覚えていけば大丈夫です。

本や有料noteの買いすぎに注意

何でも取り入れるのではなく、情報を取捨選択することも大切。色々な教材に手を出して中途半端になるより、厳選した良書を繰り返し学ぶほうが上達が早くなります。

ライバルが少ないところで戦う

リゾート地でバカンスを楽しむ男性

最初はあまりライバルがいないキーワードで記事を書きましょう。激戦区ジャンルは避け、スモールワードをコツコツと攻めます。まずは小さなフィールドで情報提供に慣れて、次第に勢力を広げていくイメージです。

高単価ジャンル(クレジットカード・美容系など)や検索数の多いビッグワードは、初心者がガムシャラに記事を書いてもまず勝てません。

  1. 検索ボリュームが大きい
  2. 稼げる市場なのでライバルが多い
  3. 競争が激しく記事の質が総じて高い
  4. なかなか検索順位が上がらない

という図式なので、初心者が最初からここに挑むのはちょっとキツイですよね。

まずはスモールワードで上位表示のコツを掴み、ユーザーを満足させる記事の書き方を学んでいくのが良いでしょう。

検索ボリュームの目安としては、月間検索数が100~1,000くらいのキーワードを探して記事を書くのがおすすめです。

下記の記事は「ブログ 書き出し」というキーワードで上位表示を狙っています。

ブログの書き出しのコツを伝授|すぐに使える例文パターンを紹介

デンジ

月間検索数は140程度と少なめですが、こういった小さなキーワードも積極的に狙っていくのがコツ。上位表示されている記事が多くなれば、ブログの信頼や認知度、ファンも徐々に増えていきます。

ブログの質を追求し続けよう

四角と丸を転がす二人の男性

今回はブログ記事の質を上げる方法について、ボリュームたっぷりに語りました。

記事の良し悪しを判断するのは、あくまでもユーザーです。

記事の質は主観的な要素もあるので、「必ずこれをやったらOK!」という明確な指標はありません。

誰かの意見をそのまま鵜呑みにするのではなく、学んで、試して、分析して、自分なりの「質の高い記事」を定義してみてくださいね。