\コロナ期間中はおうちで過ごそう

【更なる高みへ】ブログの更新ペースを上げるために実践した5つのこと

ブログの更新ペースを上げるためにやることを書いていきます。

しばらくの間、週1回のブログ更新を目標にしていましたが、無期限に週2回更新にペースアップすることを決めました。

「たった一回増えただけ?毎日いけるでしょ。」

…と思う人がいるかもしれないですが、現状週1回でもちょうど良いくらいのペースなので、自分にとっては週2回更新でも結構ハードルが高いです。

今回は更新ペースを上げるにあたって、実践すること・やめること・取り入れる習慣などを諸々紹介していきます。

ブログの更新ペースを上げたい理由

うかない顔の男性

現在週1回のブログ更新を目標に日々邁進している状態なのですが、何となく物足りない気持ちが強くて、日々モヤモヤするんですよね…。

心のどこかで「もっといけるんちゃうか?」という気持ちがあり、思い切って更新ペースを上げてみることにしたのでした。

  • 週1回更新…無理のないペースだが、余裕すぎてちょっとモヤる…。
  • 週2回更新…時間の使い方を工夫しないとキツイ…けどやりがいはある。

デンジ

週1回更新を1年間続けたとして50〜60本の生産ペースなので、ギリ100記事に届かない…。これだと遅すぎるかなと。

週2回更新はどれくらいキツイ?

仕事中

現状平日は10〜12時間くらい働いている状況で、仕事が終わらなければ土日もちょこっと…といった感じ。質を担保した状態で記事を更新していくためには、少し頑張りが必要なイメージです。

時間の使い方・捻出方法はまだまだ工夫できるなぁと思っており、なんとか達成可能なプランを組んでいきたいところ。

気合を入れすぎて空回りしてもあれなので、あくまでも無理をしすぎない範囲で試していければと考えています。

更新ペースは人それぞれ

自分に合ったブログの更新ペースは、生活・仕事の状況によるので何とも言えません。使える時間は人それぞれなので、ひとまず書いてみて、どれくらいできそうかポテンシャルを測るのが良さそうです。

デンジ

暇なら毎日2〜3記事くらい書いてもOKですが、本業がある人は時間・体力・精神力の上限が決められています。限られたリソースをどう活かすかがポイントになりそうですね。

週2回更新は実現可能なのか

生活の無駄を徹底排除すればもう少し時間を捻出できそうな予感がするので、まずは取り入れられそうなことから徐々に習慣化していく予定!

モチベは最高潮に高まっているので、過酷すぎるものじゃなければいけるはず。ただ試行にあたっては、いくつかルールを設定しました。

本業の質は落とさない

仕事中に寝ている男性

「ブログ更新頑張りすぎて本業の仕事が疎かになっちゃいました…」は当然ナシ。あくまでも趣味ブログなので、空いた時間で頑張ることにしました。本業第一でその次にブログ。優先順位は崩しません。

睡眠時間は削らない

睡眠中

むやみに睡眠時間を削るのもNGにしました。寝ないと本業のパフォーマンスがダダ下がりだし、クリエイティブな作業もできなくなります。削るべきは普段の生活に潜む時間泥棒タスクなので、スケジュール通りにいかなくてもたっぷり寝ます。

無理だったらキッパリやめる

書類をゴミに捨てる

「やってみたらあまりにも過酷すぎた…」そんなときはキッパリやめちゃいます。やめる・続けるの線引きは必要ですが、頑張りすぎてブログ更新が苦痛になったら本末転倒。楽しい気持ちで記事更新できなくなったら速攻やめます。

デンジ

無理なく頑張ろうとはいっても、筋トレと同じで、成長にはある程度の負荷が必要。ちょっと高めの目標を常に追いかけることで、より高く飛躍する作戦です。

ブログの更新ペースを上げる5つの施策

とにかく時間を捻出しなければいけないので、忙しい日常の中でも取り入れられそうな5つの施策を実行することにしました。

週2回更新をすると決意する

決意をする男性

まずは「週2回更新をするぞ!」と、心と身体に強く刻み込むことにしました。

「なんとなくできたらいいな(希望)」と「絶対に成し遂げるぞ(決意)」では、覚悟の量が違います。

覚悟を持って決めさえすれば、その瞬間に意識が変わっていきます。

1週間のうちに2回のブログ更新を行うには、今日1日をどう過ごせばいいか?

より具体的なレベルでスケジュールを組めるようになるから不思議。

エンジンがついたら、あとはひたすら行動するだけです。

デンジ

空いた時間にやるのではなく、必達タスクにしてしまう。「もはや書くことが当たり前!」って状態になれば、習慣化もかなり楽になります。

不要な目標を見極める

望遠鏡を覗く男性

達成しなくても問題ないタスクは極力切り捨てることにしました。日常の無駄を少しずつ削っていくだけで、かなりの時間を確保できます。

自分は昔から、やりたいことがいろんな方向に拡散していく性格なので、気がついたらフワッとした目標をいくつも立ててしまうことがあるんですよね。

  • 「毎日寝る前に15分本を読もう」
  • 「1週間に2回は自炊しよう」
  • 「毎日一つ物を捨てよう」

…とか、割とどうでも良い目標の数々を。

もちろんこういう日常の一コマは大切ですが、正直目標にする必要はないものがほとんど。

何かを成し遂げたいときは、その他多くのどうでもいいことをバッサリ切り捨てる覚悟が必要になります。

いろいろ手を出して過ごすよりも、修行期間やり込み要素を決めて一点集中!そのほうが短期間で目立った結果が出やすいのです。

通勤時間を有効活用する

通勤電車

通勤時間は社会人にとって貴重な執筆時間なので、一切の無駄なく活用しましょう。

自分はほとんどの記事を通勤時間中に下書きしています。下書きを7〜8割くらい固めておくと、清書するまでのハードルがグッと下がります。

厄介なのが、疲れてボーッとしているときに起こる意志力の低下

かなり疲れているときだと、無意識のうちに「YouTube」や「Twitter」などの流し見できちゃうアプリを開いてしまうもの。

癒しの時間を長くとるか、自分に厳しく下書きし続けるかは、脳みその疲れ具合と相談してきめましょう。

通勤時間にブログを書く方法|やり方・コツを分かりやすく解説

デンジ

最近はスマホを開いたらすぐにメモを起動するようにしています。

平日と休日で過ごし方を変える

今回の作戦で一番のキモになる部分がコレ。

平日と休日では使える時間帯や過ごし方が全く違うので、それに合わせてやるべき行動もガラッと変えることにしました。

平日の過ごし方

手紙の山から手紙を取り出す女性

忙しい平日は使える時間が限られるので、ブログ更新に関する作業をできる限り細分化。下書き・タイトル作り・画像選び…など、スキマ時間を活かせるタスクをコツコツこなすことにしました。

デンジ

「見出しの内容を一つだけ作る」「アイキャッチ画像の素材を選ぶ」…など、どんなに小さなことでもコツコツと積んでいくのが大切です。

休日の過ごし方

拡散から集中へ

休日はまとまった時間がとりやすいので、バラバラのピースを一つに集約させる作業に集中。極力人との予定を入れず、連続で作業できる時間を増やせるように立ち回っていくことにしました。

土日はため込んだ下書きたちを仕上げていく勝負の日。

平日に積んだ小さなタスクをかたちにしていく作業です。

ただ集中するぞーって思うだけじゃなく、パフォーマンスを最大化する努力も大事になります。

  • 前日は飲み会に参加せず早めに寝る
  •  頭が冴えてる時間帯はすべてブログに投入
  • 土日は極力外に出ないで家で過ごす

などなど、集中できる時間をなるべく長く維持することも大切です。

朝活・夜活で作業時間を増やす

夜と朝

誰にも邪魔されない作業時間を確保したいなら、朝活・夜活をするのがおすすめです。

勤務中は時間のコントロールがどうしても難しくなります。

自分は朝のほうが集中できるタイプなので、全体スケジュールを朝に寄せています。

  • 朝活の場合…始発で会社に出社して1時間ブログを書く
  • 夜活の場合…仕事終わりにコワーキングカフェに寄って1〜2時間作業

特に朝の時間は頭が冴えまくっているので、15〜20分くらいだけでも下書きに集中するようにしています。

こちらもおすすめ

生産性が上がるってホント?始発出社をほぼ1ヵ月間続けてみた感想

続くかどうかは…乞うご期待

長距離走をするサラリーマン

今回はブログの更新ペースを週2回に上げる方法を紹介しました。

現在この記事を書き進めると同時に実践しているのですが、なかなかいい感じで意識・行動に変化が生まれています。

デンジ

どこまで続くか不明だけど、いけるところまで頑張ります。