\プロフィールはこちらをクリック

集中力を劇的に高める「ポモドーロ・テクニック」を試した感想

シンプルな方法で集中力を劇的に高めてくれると話題の「ポモドーロ・テクニック」を試してみました。

ざっくり説明すると「25分間作業」⇒「5分間休憩」のサイクルを繰り返していくだけの集中法なのですが、これが意外にも効果抜群だったので紹介します。

仕事はもちろん、ブログ執筆や趣味の時間にも活かせる万能テクニックです。

今回はポモドーロテクニックのやり方・試して分かった効果・実践するときの注意点・おすすめアプリなどについて詳しく解説します。

ポモドーロ・テクニックとは?

時計に囲まれたビジネスマン

冒頭でも説明した通り、「25分間作業」⇒「5分間休憩」のサイクルをワンセットにして、作業に取り組む集中テクニックです。短期集中・短期休憩を繰り返すことで、脳に負担をかけずに集中力を維持し続けるのが狙いです。

時間を守ることがなによりも大切になるため、何となく時間を計るのではなく、タイマーやアプリを使用して厳しく時間を区切ることが必要になります。

基本サイクルはこんな感じ

  1. 「25分間作業」⇒「5分間休憩」
  2. 「25分間作業」⇒「5分間休憩」
  3. 「25分間作業」⇒「20分間休憩」

一サイクルで三セットが基本。

三回目の作業後にはちょっと長めの休憩を取ります。

以後、集中力の続く限り、淡々とタスクをこなしていきます。

デンジ

集中できる時間は人によってまちまちなので、慣れてきたらペース配分をカスタマイズしても良さそうです。

ポモドーロ・テクニックの基本ルール

本当にシンプルなテクニックなのですが、実践するにあたって守るべきルールがいくつか存在します。

基本ルールを守ることでより効果を実感できるので、実際に試す前にぜひチェックしておきましょう。

25分間だけ集中すると決める

オフィスワークのイメージ

25分間は何があっても集中すると決めておきましょう。結局ダラダラと作業するつもりなら、短時間で作業を区切る意味が全くありません。

ネットサーフィンやツイッター、ラインの返信など、集中力を削ぐものは一切禁止。ただひたすら目の前の作業に集中するのです。

最初は難しく感じますが、なにせ25分という短時間なので、意外にもバッチリ集中できてしまいます。

デンジ

「いかに集中しやすい環境を作るか」という視点も大切ですね。

作業が中途半端でもやめる

時計の針を必死で止める男

タイマーが鳴ったら、その瞬間に作業をやめてください。どんなに作業が中途半端でも、一切手を付けずにさっさと休憩してしまうのがコツです。

これは一見非効率的に見えますが、あえて中途半端に終わることで、作業を再開するときに手を付けやすくなる効果があるのです。

  • 中途半端でやめる⇒やる気がなくても作業再開しやすい
  • キリ良く終わらせる⇒新しいタスクを始める前にやる気が必要

デンジ

休憩時間は5分しかないので、「さっきどこまでやってたっけ…?」といったことにはなりにくいです。

休憩中は絶対に休む

時計と新聞とコーヒー

休憩中は作業から離れて休むことに集中しましょう。読書やストレッチ、瞑想など、なるべく作業とは関係のない行動をとるのがベスト。短期的にリフレッシュ状態を作ることで、次のサイクルへの集中力が高まります。

「作業」と「休憩」のメリハリこそが、ポモドーロ・テクニックを活用する一番のポイントになるのです。

デンジ

作業に没頭していると休むことを忘れてしまうので、「休憩中にやることリスト」を作っておくと、すんなりお休みモードに入れます。

ポモドーロ・テクニックで実感できる効果

実際にポモドーロ・テクニックを試してみて、実感できた効果について語ります。

集中力が持続しやすい

砂時計

実践前と比べて、1日のうちに集中できる時間が格段に増えました。慣れてくるとタイマースタートと同時に集中状態に入れるようになります。

また、集中モードに入りやすくなったぶん、集中力の低下にも気づきやすくなるのも特徴の一つ。

「あー集中できてないな」という状態になったら、スパッと作業を中断できる決断力が身に付いた気がします。

デンジ

短いサイクルで何度も作業を繰り返すから、「作業興奮」状態が起こりやすくなっている気がしています。

時間当たりの生産性が上がる

作業に没頭できる時間が増えたので、時間当たりの生産性も格段にアップしました。

タスクを記入

25分間という短いサイクルを何度も回すため、「より生産的な時間を過ごすためにはどうすればよいのか?」という視点で分析・検証がしやすいのもメリットです。

  • 「時間内に大体どれくらいタスクが終わるか」
  • 「どんな作業につまずきやすいのか」
  • 「より集中するためにどんな工夫が必要なのか」

など、検証と施策を繰り返して作業の質を高められるようになります。

細々としたタスクがすぐに終わる

ポモドーロ・テクニックを活用すれば、やることリストに溜まりがちな「小さなタスクたち」を片付けやすくなります。

タスクが多すぎて混乱している男

メールの返信や部屋の掃除、支払い振込などの緊急性が低いタスクは、普段の生活だと後回しにしてしまうもの。25分間という区切りが絶妙で、めんどくさいタスクでも集中力を失わずに片づけられます。

25分間なら、小さなタスクをまとめて3~4つくらい終わらせることができますね。

デンジ

気付いたらタスクが溜まりまくっていて、あとで慌ててやる…みたいなことが極端に減りました。

モチベーションが上がりやすい

集中力はもちろんですが、作業に取り組むやる気も断然湧きやすくなります。

2~3時間の単位でみてしまうと…

「何時までにあれをやって、終わったらこれもやらなきゃ…あーだるい」

という気持ちになりやすいもの。

一方、25分間という小さな単位でみると、やる気がなくても「とりあえずやってみよう」と前向きな気持ちになれるのです。

メリハリをつけて作業できる

これまでは「ダラダラ作業⇒ダラダラ休憩」と、全く集中せずに作業を繰り返すことが多かったのですが、自分でも驚くほどにオン・オフを切り替えが上手くなります。

メリハリをつけて仕事をする男

時間に関して明確なルールがあるので、余計なことを考えず黙々とタスクをこなせるのも魅力。超集中するぶん休憩も思いっきりするので、疲れを感じることが少なくなりました。

作業時間と休憩時間の充実度が上がると、自然と生活の質も上がるもの。メンタルも前向きになって人生の幸福度が上がりやすくなります。

ポモドーロ・テクニックにおすすめのアプリ

スマートフォンのイメージ

ポロモーロ・テクニックを生活に上手く生活に取り入れるには、時間を知らせてくれるタイマーがあったほうが便利。

今回は自分が導入したアプリを紹介します。

自分がダウンロードしたのは、かわいいくまさんのデザインが特徴的な「BFT – Bear Focus Timer(120円)」です。

BFT - Bear Focus Timer

BFT – Bear Focus Timer

¥120posted withアプリーチ

無駄な要素がほとんどなく、シンプルデザインでかなり使い勝手が良いです。ホンワカデザインが好きな人にはおすすめ。


アプリの内容を簡単に紹介

アプリの起動画面

こちらがアプリを起動した画面。スマートフォンを裏返したらタイマースタート・表にしたらタイマーストップの仕様なので、「気づいたらツイッターを見ていた…」なんて心配も無用です。

休憩中の画面

休憩中はかわいいくまさんが釣りをしている姿でタイマーカウント。これがまた可愛いくて癒される。各サイクルの終了は振動か音で知らせてくれます。

設定画面

環境設定は画面右上の設定マークをタップ。作業時間や休憩時間、何サイクルを繰り返すか、などを詳しく決められる。慣れてきたら休憩サイクルなどを自分ルールに変えても良いかも。

「WHITE NOISE」の項目から、作業中に流せる自然音を選択できます。選べるのは「雨・夜・たき火・風・川・コーヒー豆を挽く」の6種類。

これが個人的にかなりツボで、自然音のおかげでより深く集中できるようになりました。

デンジ

無料で使いやすいアプリもたくさんありますので、色々使って試してみるのがおすすめ!下記のサイトで詳しく解説されています。
参考 生産性アップ!無料のポモドーロ・テクニックアプリ6選 | アプリ場アプリ場

時間の大切さを実感できる至高の集中法

仕事に打ち込む男の子

ポモドーロ・テクニックは、まさに「今、この瞬間」を大切にする集中法でした。

ダラダラと作業をすることがクセになっている人には特におすすめ。時間の大切さを再確認できることでしょう。

アプリをダウンロードしなくても簡単に実践できるので、興味がある人は気軽に試してみてくださいね!

デンジ

今後も継続して効果をまとめていきたいと思います。