\コロナ期間中はおうちで過ごそう

SANGOアイキャッチ画像の推奨サイズは?作成のポイントを解説

今回はSANGOでアイキャッチ画像を作るときの推奨サイズについて解説します。

実例として「Canva(キャンバ)」で実際にアイキャッチ画像を作る様子も公開していますので、参考にしてみてください。

デンジ

作成のポイントをおさえて、素敵なアイキャッチを作りましょう。

SANGOアイキャッチ画像の推奨サイズ

SANGOでアイキャッチ画像を作るときの推奨サイズは「680px×390px」です。

基本的にこのサイズでアイキャッチ画像を作れば、文字が途切れたり、画像サイズがバラバラになったりすることはありません。

推奨サイズの縦横比が重要

画像サイズを調整

縦横比を守っていればOKなので、例えば2倍のサイズ「1360px×780px」などでも、見た目は同じように表示されます。

「推奨サイズだと画質の荒さが気になる…」という人は、縦横比を維持しつつ少し大きめのサイズにしても良いでしょう。

デンジ

画像サイズを大きくすると、当然画像は重くなります。特に写真などは激重になりがちなので注意してください。

推奨サイズを守らないとどうなる?

推奨サイズの縦横比を守らなくてもアイキャッチ画像は設定できますが、画像の一部勝手にトリミングされたり、トップページの見栄えが悪くなったりします。

塩のアイキャッチ画像

こちらは「680px×450px」と少し縦幅が長めの画像を使った場合の一例です。このように記事ページではアイキャッチのすべてが表示されていますが…

見切れているアイキャッチ画像

トップページだと見出しの文字が見切れてしまいます。記事ページ以外だと勝手に推奨サイズにトリミングされてしまうんですよね。

記事内の写真は普通に使ってOK

推奨サイズがあるのはアイキャッチ画像を設定する場合のみです。記事内に挿入する写真は細かくサイズを統一する必要はありません。

デンジ

非常に細かいポイントが多いですが…几帳面な人は気になるところだと思います。

トップページの記事を横長にする場合

アイキャッチ画像の切り取り範囲

トップページの記事一覧カードを横長表示にする場合、推奨サイズの真ん中部分「390px×390px」がアイキャッチ画像として自動的にトリミングされます。

記事一覧カードを横長表示にする場合は、推奨サイズの両端部分に重要な要素が入らないように注意して作成しましょう。

横長用アイキャッチ作成のポイント

見切れる部分とのバランスを計算して作るのが面倒くさい人は、最初から縦横幅が同じサイズ(正方形)のアイキャッチ画像を作成するという荒業もあります。

デンジ

「トップ・カテゴリーともにサムネイル表示しか使わない」という場合はやってみても良いかもしれませんね。

ちなみに通常・横長表示の切り替えは、「外観⇛カスタマイズ⇛デザイン・レイアウト設定⇛記事一覧レイアウト」から設定できます。

SANGOアイキャッチ画像の作成手順

推奨サイズを守ってアイキャッチ画像を作成する手順を解説します。

どの画像編集サイトを使うにせよ、推奨サイズを設定すれば大丈夫です。

キャンバの作成画面でサイズを調整

一例として、今回はキャンバを使ってアイキャッチ画像を作成してみます。

手順1
デザインを作成ボタンを押す

デザイン作成

まずは「デザインを作成」をクリックし、画面右上にある「カスタムサイズ」をクリックします。

手順2
カスタムサイズから推奨サイズを入力

サイズ調整

SANGOの推奨サイズ「680px×390px」を入力。新しいデザインを作成をクリックします。

手順3
あとは自由に作るだけ

作成画面

これでサイズの設定は完了です。作成のポイントを守りつつ、写真・イラスト・文字などを装飾してアイキャッチ画像を作成しましょう。

デンジ

サイズだけ統一すればOKなので簡単ですね。

ダウンロード後の圧縮を忘れずに

ダウンロードした画像のサイズが重い場合は、きちんと圧縮しておきましょう。

写真データは重くなりやすいので「JPEG」、シンプルなイラストなら「PNG」でダウンロードするのがおすすめです。

  • JPEGデータを高速・大量に圧縮可能…「Bulk Resize Photos
  • PINGデータをサイズそのままに圧縮…「PNG圧縮

画像について詳しく書きました

【初心者向け】ブログに画像を入れるメリットを分かりやすく解説

アイキャッチ画像の作成ポイントまとめ

画面の中で握手をする2人

今回はSANGOアイキャッチ画像の推奨サイズについて解説しました。

以下ポイントのまとめになります。

  1. アイキャッチ画像の推奨サイズは「680px×390px」
  2. 推奨サイズじゃないと勝手にトリミングされる
  3. 一からアイキャッチ画像を作るならキャンバがおすすめ

推奨サイズを守ってアイキャッチ画像を作れば、統一感がある綺麗なブログに見えます。

デンジ

今後も画像に関する豆知識をたくさん更新していきます。