\プロフィールはこちらをクリック

シングルタスクって何?実践して得られるメリットと活用法を伝授

「シングルタスク」とは、雑念を振り払って目の前のタスクに全集中する行動法の一つです。

いつも仕事を抱えすぎてテンパっていた自分は、いつの間にかマルチタスクで忙しく働くことがクセになっていました。

デンジ

「朝から晩までたくさん働いているのに、仕事は減るどころか増えるばかり…。これは何かがおかしい」

そんなふうに困っていた自分が出会ったのが、シングルタスクでした。

今回はシングルタスクを実践して感じたメリットやマルチタスクとの違い、上手く生活に取り入れる方法などについて解説します。

シングルタスクを身につけるべき人

  • 朝から晩まで働いているのに、一向に仕事が終わらない人
  • 職場で「仕事が遅い」と言われることが多い人
  • マルチタスクで働くのが癖になっている人

シングルタスクとは

グラフを作る男女

シングルタスクとは、文字通り「一つのことだけに集中してタスクに取り組む」という意味です。

言葉だけ聞くと分かりやすいですが、意外にも実践できている人は少数。

特に仕事面においては、無意識のうちにダラダラとマルチタスクを続けてしまう人がかなり多いです。

シングルタスクとマルチタスクの違い

運命の分かれ道

「マルチタスク」とは「シングルタスク」の真逆の意味で、複数のタスク(仕事)を同時並行で進めることを指します。

  • シングルタスク…一度の手を付けるタスクは最大一つまで。集中して一つずつタスクを終わらせていく方法
  • マルチタスク…複数のタスクを同時に進める。状況に応じてタスクを切り替えながら効率的にタスクを終わらせていく方法

ざっくり分類するとこんな感じになります。

デンジ

マルチタスクの「効率的にタスクを終わらせる」は実は勘違いでして…実際は集中力が落ちまくっているというのを今から解説します。

マルチタスクは非効率的?

忙しい人

言葉だけ聞くとなんとなくカッコ良い感じがするマルチタスクですが、仕事においてはデメリットのほうが多いです。理由はとても単純で、人間の脳は複数のタスクに同時集中することができないからです。

複数のタスクを同時にこなそうとすると、一つのタスクに対する集中力・効率・生産性はガタ落ちします。

結果的には「どの仕事もちょっとずつ進んだけど、何も終わっていない…」というパターンになってしまうのです。

デンジ

マルチタスクなんてものは幻想で、実際には複数のタスクを瞬時に切り替えているだけなのです。

集中力が落ちるメカニズム

働きすぎて壊れた人

「タスクにかける作業時間が同じなら、シングルタスクでもマルチタスクでも、生産性は大して変わらないのでは?」

と考える人もいるでしょう。

生産性の向上において重要な要素になるのが「集中力」なのですが、マルチタスクはシングルタスクと比べて、明らかに集中力の持続性が低いのです。

集中力低下の主な原因は、タスクを切り替える回数の多さです。マルチタスクだと1日に何度もタスクを切り替えていくため、集中力の消耗が異常に早くなります。

デンジ

集中していない時間が長ければ、生産性は低くなるのも当然の結果。集中力を高めたいのなら、一つのタスクに一点集中する方法を学んだほうが得策というわけです。

マルチタスクとマルチフォーカス

例外的にマルチタスクでも成立する状況は存在します。

それは「集中力を必要としない単純なタスクを同時並行でやる場合」です。

ドライヤーをかける女性

例えば資料作りや、アイデア出しなどは集中しないとできませんが、「音楽を聴きながら家事をする」「動画を見ながら皿洗いをする」など、特に集中力を必要としないものに関しては、同時並行でできてしまいます。

両者の判断基準は、集中力が必要かどうかです。

つまり、マルチタスク(同時に仕事をこなす)は状況次第で可能ですが、マルチフォーカス(同時に集中する)はできないということです。

  • マルチタスク…可能だが集中力が低下するので非効率的。単純作業であれば問題なくできる。
  • マルチフォーカス…そもそも不可能。集中していると思っているのは気のせい。

デンジ

「単純作業を同時並行する場合は例外なんだなぁー」くらいのイメージを持っていればOKです。

シングルタスクを実践する4つのメリット

シングルタスクを実践することで得られるメリットについて解説します。

仕事のスピードが上がる

コンパスに乗る男性

シングルタスクを実践すると、集中力が格段に上がります。集中力が高い状態をキープできるため、当然仕事のスピードも目に見えて上がります。

集中力や生産性が上がるだけでなく、集中するための思考法や環境作りの方法なども身につけられるのが良いところ。

訓練すれば雑念や周囲の環境にも影響されにくくなり、自然と集中モードに入りやすくなります。

スケジュール管理が上手くなる

スケジュール管理

個々のタスクへの理解が深まるため、時間管理やスケジューリングも上手くいくようになります。一つのタスクが「大体どのくらいの時間で終わりそうか」という予測も付けやすくなります。

マルチタスクだと集中力が分散してしまうため、どのタスクがいつ頃終わりそうかの予測が付けにくいもの。

タスクの所要時間を把握できれば、現実的に達成可能なスケジュールを組むことができます。

落ち着いて作業に集中できる

黙々と作業

シングルタスクは常に目の前の作業に集中すれば良いので、リラックスした状態でタスクに取り組むことができます。マルチタスクのように複数納期に惑わされたり、時間に追われたりすることはほとんどありません。

デンジ

焦りの気持ちがなくなるだけで驚くほど作業効率が上がります。

確実に成果が上がる

右肩上がりのグラフ

シングルタスクを実践すると、毎日何かのタスクを確実に終わらせることができます。

一向に終わらないタスクの山とは決別して、着実にタスクに取り組む生活に切り替えましょう。

日々小さな達成感を味わえるため、継続的にモチベーションを高められるのです。

マルチタスクで仕事をしていたときのように、「すべて少しずつ進んでいるけど、何一つ終わっていない…」という状況にはなりません。

シングルタスクを生活に上手く取り入れる方法

優れているとわかっていても、なかなか実践しにくいのがシングルタスク。

この章では、自分が仕事にシングルタスクを取り入れるときに注意したポイントや、継続するための細かいテクニックなどを紹介します。

タスクを切り替えるクセを観察する

マルチタスクが習慣になっていた人は、次の日からすぐにシングルタスクに切り替えることは難しいです。

かくいう自分もその一人で、実践初日から「気付いたらマルチタスクになっていた…」という状況がたくさん起こっていました。

そんなときは焦らずに、「無意識にマルチタスクをやっている自分」をただ観察してみましょう。

書類を選定する男性

マルチタスクになりやすい状況や、タスクをすぐに切り替えてしまう条件などを客観的に見ていくのです。「観察するだけで意味あるの?」と思われがちですが、実際には観察するだけでもかなり効果的です。

  • 「またタスクを切り替えた。集中力はそこまで長続きしないな」
  • 「人から何かを頼まれたときは、マルチタスクになりやすい気がする」
  • 「疲れているときはほかのタスクに注意が向きがちだから、こまめな休憩を入れよう」

などなど、自分の行動をただ観察するだけでも、気づきや改善点をたくさん見つけることができます。

改善点が分かれば、次から少しずつ工夫すれば良いだけです。

デンジ

最初から完璧にこなすことはできないので、まずはシングルタスクを意識することから始めてみましょう。

常に優先度をつけてタスクを片付ける

20%の人

シングルタスクに取り組むと同時に、タスクの取捨選択も上手にできるようにしましょう。数あるタスクに明確な優先度をつけて、必ず優先度通りにシングルタスクで対処していくのです。

シングルタスクを阻害する原因の一つは、突如舞い込んでくる突発性のタスク。

「急に頼まれたから」という理由で、舞い込む仕事をホイホイ受けていたら、シングルタスクを実践していても永遠に仕事が終わりません。

流されて仕事をするのではなく、自分の中で優先度を遵守して仕事に取り組むことも大切。

周りの雑念に惑わされず、常に目の前の最優先タスクに全集中しましょう。

優先順位を意識して行動する

優先順位は仕事の状況によって常に変化していきますが、決してタスクを切り替える言い訳にはしないように!「今優先するべきタスクは何か?」を自問自答し、常に最適なタスクを選択できるようにしましょう。

落ち着いて一つずつタスクを片付ける

作業

シングルタスクを実践するときに意外と陥りがちなのが、焦りの気持ちを持ったままタスクに取り組んでしまうことです。

マルチタスクをしていたときの「色々やってる感」に慣れている人は、一つのタスクだけに集中している状況に違和感を覚えてしまうことがあります。

「こんな方法で良いのかな…?」と不安になってしまうとせっかくの集中力が下がってしまいます。

こんなときは落ち着いて下記の三つの手順を試してみましょう。

ステップ1
不安な気持ちが大きくなったら、深呼吸して落ち着く

違和感は、新しい方法を試すときに誰もが感じる気持ちです。不安な気持ちを感じたら、「今まさに新しい方法に馴染んでいるんだ」と思うようにしましょう。

ステップ2
シングルタスクの方が優れていることを思い出す

マルチタスクよりもシングルタスクのほうが優れていることはすでに学んでいる通り。焦らずコツコツとタスクを片付けることだけが、ゴールまでの最短ルートであることを思い出しましょう。

ステップ3
効果を実感できるまで気長に試してみる

シングルタスクを自分のものにするには、仕組みを理解するだけではダメ。上記で解説したようにテクニックや自制心も必要になります。初日から劇的に変わることはないので、焦って効果を出そうとしてはいけません。シングルタスクが思考・習慣に浸透するまで気長に楽しく続けてみましょう。

デンジ

あまり自分を追い込まず、気長に続けてみましょう。シングルタスクを意識して生活するだけで、少しずつ生活が変わることを実感できるはずです。

シングルタスクで生産性を上げよう

分析グラフ

今回はシングルタスクのメリットや生活への取り入れ方について解説しました。

より高い集中力を身に付けたい人にとっては、強力な武器になるはず。

手軽に始められるので、興味がある人はぜひ試してみてください。

デンジ

シングルタスクや集中法については、今後も新しいノウハウを試していきます。おすすめできそうなものがあったら紹介しようと思います。